DAINESE TOKYO -ダイネーゼ 東京-Official Web Site

皆さまこんにちは、D-STORE TOKYO のKEIKOです。

今日はDAINESEにもこんなアイテムがありますよ!をご紹介いたします。

DAINESEのジャケットが3万円以下なんて・・・と思われるかもしれませんが、

実はあるんです!今日は、その中でもわたくし一番のオススメ☆

AIR-FRAME TEX」を、前回よりもっともっと画像たっぷりでお届けします^^

ダイネーゼのウェアの中でもとても人気の高い「DAINESEロゴ」を使ったジャケットです。

これが3万円以下で手に入るとは、正直驚きです。プロテクターが入ってないんじゃないの?

細かい機能が全部抜けちゃってるんじゃないの?いろいろ疑問がわくことと思いますので、大解剖いたします!

まず、一番気になるのは仕様ですよね。

DAINESEのこだわり、付属のプロテクターはこちら☆

しっかりハードプロテクターではないですか!!

ひじ部分のプロテクターもDAINESEのこだわり。しっかり手首付近までハードプロテクターがお守りします!これは頼もしい!!取り外しも簡単にできるので、汗をかく季節ヘビーローテーションになっても、ジャブジャブ洗えてgood!

 

お次はインナー。

取り外し可能なウィンドストッパーがついています!!わたしの記憶では3万円をきるメッシュジャケットにはついていなかったような・・・。

「1日のなか刻々と変化する気温。さまざまな走行状況に対応する、着脱式ウィンドストップライナーを装備したツアラーモデル。」強い味方です。

取り外しも簡単。スリーステップであっという間に脱着可能です。

小さくたたんでポッケに携帯すれば、出先で長袖Tシャツを買っちゃったなんて失敗もなし☆

ちなみに、AIR-FRAME TEXには外ポケット2箇所、内ポケット1箇所あります。

どれもサイズは大きめです。

 

まだまだあります!

お次は、ばたつき防止パーツ。

上腕部分と前腕部分に2段階調節可能なボタンがついています。

3枚目の写真は、上腕を最小まで閉めた状態です。ちょっとみづらいでしょうか・・・

 

次は、別売りのバックプロテクターが入るポケットのご紹介。

白い矢印のとおり、バックプロテクターポケットのメインファスナーを空けると2箇所に分かれています。体に近いほうがWAVE、外側がMANIS用のポケットです。

お好きなほうを選んでセットしてくださいね☆

 

次は、

ジャケットとパンツの連結ファスナーもきちんとついています☆

DAINESEのファスナー付きパンツとの接続が可能です。高速ツーリング時の風の巻き込み、転倒時のめくれ上がりを防ぎます。とっても安心です。

 

お次は

ジャケットすそ部分の調整ベルト。マジックテープなので無段階で調整できて、とっても便利なんです^^ダイネーゼのマジックテープはしっかりしているので長持ちします。

 

次に、使用しているファブリックのご紹介です。

主に使用している生地は「速乾性に優れたQuick Dry Fabric」

そして、「通気性に優れたメッシュファブリック」

暑い夏にはとても重宝する速乾、通気機能はありがたいですね☆

さらに、裏地は汗によるべたつきを抑えサラサラをたもち、抗菌・防臭性能に優れにサニタイズド加工で◎です。

 

そして、最後は袖口の加工です。

なんとも優しいではありませんか・・・

少し分かりづらいかもしれませんが、ご覧いただけますでしょうか。

袖口の表と裏のちょうどグリップを握ったときにあたる手首の部分だけ、とーってもマシュマロタッチなのです♪ 癒されます~^^お手持ちのショートグローブとの相性もバッチリではないでしょうか。

ここまでご紹介してきましたが、充実した仕様はかなり魅力的ですね^^

これだけ充実した仕様なのに、26,500 円(本体価格) 28,620 円(税込)信じられません!!

今年の夏、メッシュジャケットを買い替えご検討のお客様、是非AIR FRAME D1 TEX JACKETで、爽快に走ってみませんか?

みなさん、最近暑さと湿気のせいか、疲れが抜けないと感じているかたはいらっしゃるでしょうか。軽いランニングなどで代謝を上げると疲れが飛ぶなんていうこともあるようです。

無理しない程度に試してみてくださいね。

KEIKOでした☆