DAINESE TOKYO -ダイネーゼ 東京-Official Web Site

ツーリングの力強い味方、GORE-TEXブーツ。
通年使用する方も多いと思いますが、冬を中心としたスリー・シーズン(10月後半~3月後半)は、つま先の寒さを和らげる効果もあっていいんですよね。


左 FREELAND GORE-TEX BOOTS 39,960 円(税込)/
右 NIGHTHAWK D1 GORE-TEX LOW BOOT 34,560 円(税込)

発表されてからマイナー・チェンジやフルモデル・チェンジを経て、長い間愛され続けているミドル丈のGORE-TEXブーツ、NIGHTHAWK D1 GORE-TEX LOW BOOTをご紹介。

単体だと分かりづらい部分もあるので、DAINESEのGORE-TEXブーツの中でも標準的なロングブーツであるFREELAND GORE-TEX BOOTSと比較してご紹介。


FREELAND(左)/ NIGHTHAWK D1(右)。両者とも「GORE-TEX」のロゴがあります

GORE-TEXは、優れた防水・防風・透湿性を兼ね備えた特殊フィルムです。これがブーツの中に組み込まれていることで、過酷なライディング環境にも耐えうる性能を発揮しています。

参考までに GORE-TEXの機能を本家サイトでどうぞ。

GORE-TEX メンブレン GORE-TEX プロダクトの要(外部サイト)
https://www.gore-tex.jp/technology/gore-tex-membran


NIGHTHAWK D1(右)は入り口狭め。

ミドル丈のNIGHTHAWK D1は、ロングのツーリング・ブーツに比べてデニムなど普段着にも合わせられる長さかと思います(カジュアルな見た目ではないですが..)。
また防水ツーリング・パンツやレインウェアと合わせるときは、ブーツの上からパンツをかぶせやすいのも絶妙な丈のNIGHTHAWK D1ならでは。


ブーツのジッパーの位置も重要。FREELAND(左)は足の内側
NIGHTHAWK D1(右)は足の外側にジッパーを装備

NIGHTHAWK D1は、「しっかりとしたツーリング・ブーツが欲しい。だけどロング丈のいかにもなブーツはちょっと敬遠してしまう」というような方にはぴったりのGORE-TEX BOOTSブーツです。