DAINESE TOKYO -ダイネーゼ 東京-Official Web Site

11月とは思えない陽気が続いています。日中なんて汗ばむくらいの日もありますよね。
ただ、その割には朝、夕はしっかりと冷え込んだりして。

こういった気温の寒暖差がある時期では体調を崩しやすいです。バイクに乗るときでなくても薄着で油断して風邪をひかないようにしましょう。

ということで本日は、寒い時期のインナーについておさらい。
ダイネーゼではさまざまなインナーを用意していますが、以下の組み合わせがベーシックです。


D-CORE THERMO TEE LS 12,960 円(税込)

まずはファースト・レイヤーと呼ばれる、素肌に直接着ていただけます。
特殊繊維のDryarnにより体温の変化を最小限に抑えることができる、秋冬用のインナーです。

防風効果はありませんが、急激な寒暖差から受ける身体のストレスを最小限にして、常にドライで快適な状態を保ちます。

D-MANTLE FLEECE WS 19,980円(税込)

こちらはセカンドレイヤーと呼ばれ、インナーの上に着ていただくタイプになります。

99%断熱素材と一部に完全防風素材を採用した高保温ライナーになり

まさに完全冬仕様になります。

極寒時でのライディングや高速道路を使用した長距離ツーリングにも最適で、

先ほどのD-CORE THERMO TEE LSと合わせていただくとさらに効果的です。

特徴的なフロントジップは乗車姿勢に適した曲線状と前方からの風がジッパーを

通じて進入することを防ぎます。

もちろんシャツだけでなくパンツもございます。

 

D-CORE THERMO PANT LL 10,800円 (税込)

-20℃から10℃の寒冷な気候に対応可能なインナーとなり、伸縮性に富んだ素材のため

体にフィットします。

D-CORE THERMO TEE LSと同様に体をドライに保つことで不快感なく、また適度に筋肉に刺激を

与える事で血流を促し疲労感を軽減します。

D-MANTLE PANT WS 16,200円(税込)

99%断熱素材と一部に完全防風素材を採用した高保温ライナーになります。

膝周りの動きを妨げないように人間工学に基づいた設計となっています。

裾部分は着用中にめくれあがる事を防ぐためによりタイトにフィットするように

なっています。

これで足首からのすきま風の進入も防げますね。

この他にもオールシーズンお使いいただける

D-CORE DRYシリーズ

夏の暑い時期に着用をお勧めする

D-CORE AEROシリーズ

等もございます。

アウターを変えられるよりも、よりリーズナブルに驚きの効果が体験できるかもしれませんよ!

皆様のご来店をお待ち致しております。

D-Store Tokyo
住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190