ダイネーゼ東京中野 – Dainese Tokyo Nakano | オフィシャルWEBサイト

こんにちは。

DAINESE東京中野のJOGIです。

先日イタリアより入荷がありました。

中身はほとんどが夏物のメッシュ。

暖かい夏が待ち遠しいような、待ち遠しくないような、、、(笑)

今回は、そんなメッシュジャケットの中から、新作も続々入荷してまいりましたので

ご紹介致します。

SAURIS D-DRY JACKET    商品ページはこちら

 

SAURISとは、DAINESEの本社があるモルヴェーナから北東に約150km

離れた位置にある小さな街の名前から由来しています。

 

全面、背面共に大部分がメッシュ生地になっています。

 

通常のナイロンの7倍の強度を持つとされる

CORDURA®ファブリックを採用したこちらのジャケット。

耐久性だけでなく、耐水性も備えたまさにライディングウェアに適した素材と言えます。

それだけではなく、

 

肩や肘など転倒時にリスクの高いエリアには、レザーに匹敵する強度を持つ

ダイネーゼ特許素材のD-Stoneを採用。

さらに安全性を高めた設計となっています。

 

バックプロテクターはもちろん、チェストプロテクターにも対応。

—————————————————————————

対応バックプロテクター : WAVE . MANIS . PRO-ARMOR

対応チェストプロテクター :PRO-ARMOR CHEST

—————————————————————————

前後ともPRO-ARMORをお使いいただくと通気性に優れているので

走行風による空気の流れを邪魔せず、快適にお使いいただけます。

さらにメッシュも2パターンあり、特に脇や

 

背中には

 

より多くの走行風を取り入れるよう網目の大きなメッシュになっています。

なんでも、従来モデルより70%も通気性が向上しているとか♪

背中にはカーゴポケットを備えているのでご覧のように

 

グローブ等を収納していただくこともできます。

さらにこちらのジャケットの大きな特徴となるのがD-DRYをアウターとして採用しているところ!!

いままでは、ジャケットの内側に防水・防風のD-DRYインナーが付属していました。

それが、今回初めて外側に採用しました。

 

アウターが防水になることで、ジャケットが濡れず水分を吸って

重くなることもありません。

さらに、ジャケットのポケットの中身が濡れることも防ぎます。

様々な場面で活躍してくれそうですね。

腕周りにはDAINESEのシンボルマークであるデビルマークと反射材が!

 

防水ポケットも2つ装備。

 

水の浸入が無いように蓋側にファスナーがついています。

さらにこのアウターは、ジャケット側の背中についているカーゴポケットに収納することが可能。

携帯性にも優れています。

いかがでしょうか。

メッシュジャケット、D-DRYのアウターを組み合わせることで夏だけでなく

1年を通して長いシーズンで活躍できそうです。

新作なので、ご興味のある方は是非お早めに。

D-Store Tokyo
住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190