DAINESE TOKYO -ダイネーゼ 東京-Official Web Site

レザーパンツのオーダー <作成例> -P. DELTA PRO PELLE (ROSSI COLOR)-

20121215

オーダーメイドの作成例を更新致しました。
今回はロッシレプリカジャケットに合わせたパンツのカラーオーダーです。

D-STORE TOKYOのウェブアルバムで見る

レプリカフルオーダースーツ作成 編

**このコーナーでは、お客様から頂いたお問い合わせのうち、他のお客様にも参考になりそうな内容をご紹介させて頂きます。
**問い合わせ内容と回答は、趣旨が変わらない範囲で、BLOGっぽく、分かりやすく編集しております。

 

こんにちは。
ダイネーゼ東京のsuzukiです。
今回のお問い合わせはこちらっ↓
===お問い合わせの内容==================================================
OO時代のライダーのレプリカスーツは、フルオーダーメイドであれば可能でしょうか。
=====================================================================
ふむふむ。
これもよく頂くご相談の1つです。

特にシュワンツやスペンサー等の往年の名ライダーのレプリカ作成依頼が多いのですが、最近ではフィアット時代のロッシスーツもご相談を頂きました。

ただ大変申し訳ないのですが、ダイネーゼの「オーダーメイド」とは、基本的に下記の3パターンになるのです。

・サイズは吊るしのままで、カラーをカスタム
・カラーはそのままで、サイズをカスタム
・サイズとカラーも、両方カスタム

そしていずれにしましても、「既存の市販モデル」をベースとして変更を加えます。

そのため、仕様の変更(例えば、ショルダースライダーがないモデルにショルダースライダーを付ける、シングルジッパーモデルをダブルジッパーにする…等)というカスタムは存在せず、また行うこともデキマセン…。

ダイネーゼが提供する、モデルとして「完成された形」「安全を考慮した形」を勝手に変更することは出来ないということですね。

またもちろん、他社のスポンサーロゴを勝手に作ることもできませぬ(- -).

リクエストされるお気持ちも非常にわかるのですが…。
なのでこのようなご相談を受けた場合には、ご提案として、白/蛍光イエロー/YAMAHAブルー、の3色を使って「イメージを近づける」ご案内をしております。

それでも結構良い仕上がりになりますので、ご興味がある方は是非ご相談くださいね。

参考になりましたでしょうか。

それではまた次回~。( ´ ▽ ` )ノシ

suzuki

レザースーツ ネーム入れ 編

こんにちは。
ダイネーゼ東京のsuzukiです。今回のお問い合わせはこちらっ↓
===お問い合わせの内容==================================================
T. AVRO P. 678(1513317)について
背中のハンプにネーム入れは可能ですか?
=====================================================================
ふむふむ。
この場合、ハンプ(※コブの事)の素材が重要になってきます。

例えばT. Avroの様にエアロダイナミックハンプ(上下にアルミニウムメッシュが入っていて、風が抜ける構造)の場合は、素材が樹脂製となりますので、縫い付けができません。

こんな構造のもの↓
20121012-1

この場合は、ハンプと腰のシャーリングの間の隙間に入れることをおすすめしています。

一方で、通常のハンプであれば、レザー生地なので、ネーム入れも可能です↓
20121012-1whred

ちょうどこの画像で言いますと、デビルマークの様に縫い付けられるわけですね。

もしロゴデータ等もお持ちであれば、それを元に作成することもできますので、お気軽にご相談くださいましー。

それではっ。

suzuki

アンダーウェアの選び方 編

こんにちは。
ダイネーゼ東京のsuzukiです。今回のお問い合わせはこちらっ↓

===お問い合わせの内容===================================================

  • UNDERWEAR NORSOREX PANT
  • UNDERWEAR NORSOREX VEST

の購入を考えていますが、身長:182cm 体重:65cm 男/細身はどのサイズでしょうか。
=====================================================================

ふむふむ。「ハードなプロテクターはちょっと…でもソフトパットだと安心できないし…」という絶妙なラインを攻めたこのモデル、発表以来、安定したお問い合わせ/販売がありまして、結構な人気商品なのです。
ちゃんとCE規格も取得してますしね。

さて、お問い合わせを頂く際には、このようにご身長と体重だけでも記載して頂けますと、とてもスムーズです。

『身長』『体重』『胸囲(パンツの場合はウエスト)』が、重要な判断ポイントとなっております。

こちらの方の場合は、Mサイズをお勧めしましたが、ゆったり目がお好みであればLサイズかなといったところです。
最終的にはMサイズをお買い上げ頂き、サイズもジャストフィット、とのお言葉を頂く事ができました。

我々も限られた情報からの提案なので難しいのですが(^^;)
でも、お客様の体格を教えて頂ければ分かる事も多いので、お気軽にお問い合わせください。

それでは。

suzuki

“IN”タイプブーツ 編

こんにちは。
ダイネーゼ東京のsuzukiです。今回のお問い合わせはこちらっ↓
===お問い合わせの内容===================================================
ST AXIAL PRO IN 631(1795157)についてですが、これは普通のGパンで使えるのでしょうか?
またブーツの外に裾を出して使いたいのですが、脱ぐときは楽なのでしょうか?
=====================================================================
ふーむ。
これもよく頂くお問い合わせ内容です。ダイネーゼで発売している”IN”タイプ(ダイネーゼではブーツが中/裾が外の履き方をINと呼びます)、そもそもはレザースーツ専用の設計となっておりますデス。ブーツ側のベルクロと、レザースーツ側の裾のベルクロを接着して使用します。
つまりスーツの裾側に、ベルクロが無くてはならない、のですね。
20120429bl
↑こんな感じ。そのため、通常のジーンズ等とあわせる場合には、ブーツ側のベルクロ(結構硬い)との干渉により、ジーンズ内側の生地が傷んでしまう可能性があります。
20120429hw
↑ここが結構カタイので、パンツにベルクロがついてないと、内側の生地が擦れやすい…。また、ジーンズやレザーパンツと併用された際、パンツにほつれやファスナーの不具合等が生じましても、本来の使い方とは異なるため2年修理保証の対象外となってしまうのデス。

とはいえココだけの話、もちろんお客様の中には、ホームセンターで汎用のベルクロを購入するなどして、ブーツにつけてパンツの生地が傷まない様に個々に工夫し、ジーンズを履いて街乗りに使用されている方もいらっしゃいますので、使えない事は無いのですけれども。
お客様ご自身の判断で、、というところでしょうか。なおブーツの着脱に関しては、お客様の足型にもよりますが、”AXIAL PRO IN”はかなり楽です。
レーシングブーツとは思えないくらいですね。店頭でご試着頂いたお客様にも、安心感、着脱のしやすさ、操作性の面において、ほぼ全ての方にご好評頂いてマス。

そんなわけで一度経験してしまうと、、、確かにいつでも履きたくなるんだなぁ。みつを。

それではっ。

suzuki