DAINESE TOKYO -ダイネーゼ 東京-Official Web Site

DAINESEオリジナルのスウェットシャツが登場

こんにちは。
ダイネーゼ東京中野のsuzukiです。

長い秋が続いたと思えば、ここ最近で急に寒くなりましたね。
本日は寒い季節に、クリスマス・プレゼントにもぴったりのスウェットシャツのご紹介しましょう。

DAINESE CONTRAST SWEATSHIRT & DAINESE FULL-ZIP SWEATSHIRT

最近スカイブルーのラインが入ったジャケットやスーツがコレクションに加わってますが、
それにあわせてブルーのスウェットも登場。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

一部にイエローのプリントでデビルマークが入るなど、ワンポイントも忘れません。

こちらのスウェットは、パリッとした流行りの生地。ウェットスーツのような生地感が特徴のプルオーバータイプ。

同じようにワンポイントでカラーが入りますが、定番のダイネーゼレッド。

胸には新しくなったDAINESEロゴがエンボスデザインで入ります。

ダイネーゼでスウェット類がこれだけ一度にラインアップされるのは、最近では珍しいですね。
冬物ジャケットやグローブが欲しくなる時期ですが、どうぞ一緒にこれらのウェアもお試しください。店頭ご購入ではギフトラッピングもできます。

それでは!


D-Store Tokyo
住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190 FAX:03-6914-4191

新たなスタンダードレーシングジャケット -NEXUS LEATHER JACKET-

こんにちは!

気温も冷え込み12月らしい気候になってきました。

今回は2019年モデルの新作レザージャケットをご紹介いたします。

NEXUS LEATHER JACKET   商品ページはこちら

胸元の大きなデビルマークが目をひくニューモデルNEXUS。

新たな定番モデルとして生まれたこちらのレザージャケットの特徴を

ご紹介致します。

チェストプロテクターに対応

 

エントリークラスの価格帯ながらもチェストプロテクター用のポケットを装備。

バイク死亡事故の原因、胸部は頭部に次ぐ第2位。

ヘルメットと変わらない大切な装備ですね。

※対応プロテクターはPRO-ARMOR CHESTになっているのでご注意ください。

※対応のバックプロテクターWAVE . PRO-ARMORです。

※ポケットのサイズ上MANISには対応しておりませんのでご注意ください。

ベンチレーション機能の搭載

あるのと無いのでは大きな差があるベンチレーション。

内部の湿気と熱を効率よく排出してくれます。

直立状態では閉じた状態ですが、ライディングポジションを取ると

開く作りになっているので普段は目立たずお勧めです。

その他にもサイドポケットに加え内ポケットも装備。

あると結構便利な場面も多いです。

カラーバリエーションも4色展開とお持ちのバイクやヘルメットに合わせていただけます。

パンチング有りモデルも入荷予定ですので是非お試しを!

D-Store Tokyo

住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190

フラッグシップレーシングブーツが刷新 -AXIAL D1 BOOTS-

Daineseのレーシングブーツの特徴と言えばもうみなさんご存知ですね?

そうです、通常であればレーシングスーツの裾をブーツの中に入れるタイプが一般的ですね。

しかしDaineseのレーシングブーツは裾の中にブーツを入れるブーツインシステム。

転倒時の引っかかりを減らすことで回転運動のきっかけを減らし、同時に空気抵抗も

減らすことができます。

しかもこのシステムはDaineseの特許なんです!

こちらは2013年にsbkにてタイトルを獲得したトム・サイクス選手。

足元を見るとブーツが裾の中にすっぽり収まっていますね。

このシステム実はDaineseが最近始めたものではございません。

15年以上も前の2ストローク時代のWGPで戦うヴァレンティーノ・ロッシ選手。

この時代からブーツインシステムはございました。

そんな歴史と実績のあるブーツインシステムのレーシングブーツのフラッグシップが

モデルチェンジしました!

AXIAL D1 BOOTS  商品ページはこちら

ヴァレンティーノ・ロッシ選手がmotoGPの舞台で使用しているブーツと同じ

安全性と動作性、快適性を提供します。

 

 

内側にはカーボンケブラー製の骨格を持ちくるぶしの部分で可動することで

驚くほどの動きやすさを実現しました。

同時に軽量化と安全性にも大きく貢献しています。

今回は3つのカラーが入荷しました。

お持ちのウェア選ばないブラック。

Daineseの象徴ともいえるブラック×蛍光レッド

レーシーな雰囲気漂うブラック×ホワイト

R AXIAL PRO IN BOOTSとの違いは?

前モデルであるR AXIAL PRO IN BOOTSと比較して進化した点を

ご紹介いたします。

ベルクロ部分の大型化

前モデルと比較してベルクロの範囲が大きくなりました。

ブーツインに対応したスーツやパンツとより強固に組み合わせることができます。

さらにベルクロの粒が細かくなりデニム等を上からかぶせられたときに

繊維に引っかかることを防ぎます。

トゥースライダーの素材が進化

前モデルにはステンレス製のトゥースライダーが装備されていました。

しかし、モデルチェンジにあたりマグネシウムに変更されました。

マグネシウム合金は金属の中で最も比強度・比剛性が高く、さらに

重量もステンレスのおおよそ1/5と軽量な点も大きな特徴です。

 

サーキットでのご使用はもちろんツーリングでもお使い頂けます。

入荷したばかりなので是非チェックしてみてください。

D-Store Tokyo

住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190

最上級のエアバッグスーツ MUGELLO R のオーダーメイド作成例

最上級エアバッグスーツ Mugello R カスタマイズが登場

この度納品させていただいたスーツのご紹介です。
こちらはMugello R/ムジェロ R。ダイネーゼのエアバッグスーツの中でも最上級に位置するこちらのモデルは、通常の肩に加えて肋骨周辺もエアバッグでカバー。
また素材はカンガルー革と、まさにプロフェッショナル仕様の1着です。

オリジナルのロゴや、裾周りのダイレクトプリント(レザーに直接ロゴやデザインをプリントすること)など、こだわりにこだわった仕上がりとなりました。

カスタマイズのご相談はぜひ東京中野店までお問い合わせください。
採寸からイメージのスケッチ作成まで、すべて対応させていただきます。


D-Store Tokyo
住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190 FAX:03-6914-4191

秋冬のツーリングシーンに合わせたマネキンの、着せ替え完了しました。

RAIN MASTER D-DRY JACKET + TEMPEST 2 D-DRY PANTS

日暮れが早い秋冬は、視認性の高い蛍光イエローもおすすめ

こんにちは。ダイネーゼ東京中野のsuzukiです。

気が付けばもう5時には日が暮れて外は真っ暗。次第に寒くなりましたが冬の装備は万全ですか?
まだ秋冬物を購入されていない方は、真冬を迎える前にぜひ用意をしておきましょう。

今回マネキンに着せたのは、RAIN MASTER D-DRY JACKET。
http://www.dainesejapan.com/products/detail5048.html

RAIN MASTER D-DRY JACKET + TEMPEST D-DRY PANTS


防風・防水・透湿性能が特徴のD-DRYシリーズの中では、珍しくアウター生地に伸縮性に富んだ素材を採用。
ぴったり着用してもライディングポジションを取ると、すっと自然な動きを実現。動作を邪魔しません。蛍光イエローも袖の内側にしっかり入っております。

パンツにも蛍光イエローが入ります。こちらのパンツは TEMPEST 2 D-DRY PANTS。
http://www.dainesejapan.com/products/detail5433.html

RAIN MASTER D-DRY JACKET + TEMPEST 2 D-DRY PANTS


こちらもD-DRYフィルム仕様なので、防風・防水・透湿性能に優れています。
膝の上のシャーリングが、足を曲げたときの動きをサポート。自然な膝の曲がりを実現してくれるでしょう。

ベンチレーションもついているので、ちょっと湿度が高い時には内部の温度調整をしましょう。
パンツはかなり在庫が少なくなってきてますよ。

RAIN MASTER D-DRY JACKET + TEMPEST 2 D-DRY PANTS

ジャケットの肩には、このような形でショルダースライダー型の樹脂パーツ。
さらに内部にもハードプロテクターが装備されているので、二重に肩を守ってくれますよ。

RAIN MASTER D-DRY JACKET + TEMPEST 2 D-DRY PANTS

いずれも着心地の良さ&着用時のシルエットがきれい、というお勧めポイントがあります。
一度見てみてくださいね。

それではCiaoCiao~

suzuki