ダイネーゼ東京中野 – Dainese Tokyo Nakano | オフィシャルWEBサイト

今年もメッシュが入荷いたしました☆

皆さまこんにちは!

今日も暖かいですね☆というより暑いですね・・・

DAINESE TOKYO 中野店のKEIKOです。

まだ風の冷たさを時折感じますが、日中は日焼けが気になるほどに暑さを感じるようになりました。

そろそろ夏対策を始めませんか?

DAINESE東京中野店では、店頭にメッシュジャケットやパンツ、AIRシューズなど一斉に取り揃えました!

「今年こそDAINESEのメッシュを」とお考えのお客様は、サイズやカラーが豊富にお試しいただけるこのタイミングをお見逃しなく!

 

中野店にある一番大きなメッシュアイテムのサイズはジャケット「54」パンツ「56」です。

その他にもリクエストいただければ、全国の在庫の中からさらに大きなサイズや、ぴったりのサイズをお探しいたします♪

お電話でもお受けしておりますので、お気軽にスタッフにご相談くださいませ。

今日は夏アイテムのコーディネート例をご紹介いたします。

ジャケット 「 AIR CRONO 2 TEX JACKET 31,000 円(本体価格)」

デニム「 TIVOLI REGULAR JEANS 31,000 円(本体価格)」

シューズ「STREET BIKER AIR 25,000 円(本体価格)」

ジャケット 「 AIR FRAME D1 TEX JACKET 31,000 円(本体価格)」

パンツ「  P. DRAKE SUPER AIR TEX 31,000 円(本体価格)」

シューズ「MOTORSHOE D1 AIR 23,000 円(本体価格)」

ジャケット 「 AIR FRAME D1 TEX JACKET 31,000 円(本体価格)」

デニム「 TIVOLI REGULAR JEANS 31,000 円(本体価格)」

シューズ「STREET BIKER AIR 25,000 円(本体価格)」

 

ジャケット 「  DINAMICA AIR D-DRY JACKET  62,000 円(本体価格)」

パンツ「  DRAKE AIR D-DRY PANTS 39,000 円(本体価格)」

シューズ「MOTORSHOE D1 AIR 23,000 円(本体価格)」

 

イメージとぴったり合うコーディネートは見つかりましたか?

それではDAINESE東京中野店でお待ちしております☆

KEIKOでした♪

 

D-DRYをアウターに!? -SAURIS D-DRY JACKET-

こんにちは。

DAINESE東京中野のJOGIです。

先日イタリアより入荷がありました。

中身はほとんどが夏物のメッシュ。

暖かい夏が待ち遠しいような、待ち遠しくないような、、、(笑)

今回は、そんなメッシュジャケットの中から、新作も続々入荷してまいりましたので

ご紹介致します。

SAURIS D-DRY JACKET    商品ページはこちら

 

SAURISとは、DAINESEの本社があるモルヴェーナから北東に約150km

離れた位置にある小さな街の名前から由来しています。

 

全面、背面共に大部分がメッシュ生地になっています。

 

通常のナイロンの7倍の強度を持つとされる

CORDURA®ファブリックを採用したこちらのジャケット。

耐久性だけでなく、耐水性も備えたまさにライディングウェアに適した素材と言えます。

それだけではなく、

 

肩や肘など転倒時にリスクの高いエリアには、レザーに匹敵する強度を持つ

ダイネーゼ特許素材のD-Stoneを採用。

さらに安全性を高めた設計となっています。

 

バックプロテクターはもちろん、チェストプロテクターにも対応。

—————————————————————————

対応バックプロテクター : WAVE . MANIS . PRO-ARMOR

対応チェストプロテクター :PRO-ARMOR CHEST

—————————————————————————

前後ともPRO-ARMORをお使いいただくと通気性に優れているので

走行風による空気の流れを邪魔せず、快適にお使いいただけます。

さらにメッシュも2パターンあり、特に脇や

 

背中には

 

より多くの走行風を取り入れるよう網目の大きなメッシュになっています。

なんでも、従来モデルより70%も通気性が向上しているとか♪

背中にはカーゴポケットを備えているのでご覧のように

 

グローブ等を収納していただくこともできます。

さらにこちらのジャケットの大きな特徴となるのがD-DRYをアウターとして採用しているところ!!

いままでは、ジャケットの内側に防水・防風のD-DRYインナーが付属していました。

それが、今回初めて外側に採用しました。

 

アウターが防水になることで、ジャケットが濡れず水分を吸って

重くなることもありません。

さらに、ジャケットのポケットの中身が濡れることも防ぎます。

様々な場面で活躍してくれそうですね。

腕周りにはDAINESEのシンボルマークであるデビルマークと反射材が!

 

防水ポケットも2つ装備。

 

水の浸入が無いように蓋側にファスナーがついています。

さらにこのアウターは、ジャケット側の背中についているカーゴポケットに収納することが可能。

携帯性にも優れています。

いかがでしょうか。

メッシュジャケット、D-DRYのアウターを組み合わせることで夏だけでなく

1年を通して長いシーズンで活躍できそうです。

新作なので、ご興味のある方は是非お早めに。

D-Store Tokyo
住所:東京都中野区江原町1-13-25-1F
電話:03-6914-4190

 

 

通気性・軽量・防水・シューズ…このワードで探している方には、DINAMICA D-WP SHOES

軽量でプロテクション性能が高いシューズ DINAMICA D-WP SHOES が初回入荷

こんにちは、ダイネーゼ東京中野のsuzukiです。
試着してみたらすごく軽くて惚れ込んだシューズ、DINAMICAのご紹介です。

商品名のD-WPとはWater Proofの略で防水機能が備わってることを示しています。

生地はナイロンメッシュで全体的に通気性に優れていますので、防水っぽくは見えないかもしれません。内側にはしっかりと防水フィルムが入っており、水を中に通さない構造です。

全体の見た目はちょっとレーシーな感じですが、トゥースライダー部分はこのような仕上げになっており、スライダー付きのDynoのようなシューズに比べるとストリート向けであることがわかります。

内側のグレイのところから下が防水仕様のはじまりです。

うれしい後ろファスナーの全開放。

ライディングギアを身に着けていても、身体をかがめてすっと履けそうな点は、バイク乗りとしては推したいポイントですね。

在庫はまだ少なめですが、是非実物をチェックしてお早めに手に入れておいてくださいね。
春のライディングシーズンはもうすぐそこです。

それではCiaoCiao~

suzuki

店内展示 – 春のレザーウェアを取り揃えてみました

春に向けてレザージャケット + パンツ + ブーツの展示を充実

こんにちは。ダイネーゼ東京中野のsuzukiです。
春夏シーズンに向けて、レザーウェアや夏のメッシュジャケットの展示を開始しました。


レザパンツも多数ありますのでサイズ合わせが可能になっています。
少しずつサイズもそろってきてますので、是非お早めに一度見てみて下さいね。

この NEXUS LEATHER JACKET も注目です。

関連記事:新たなスタンダードレーシングジャケット -NEXUS LEATHER JACKET-

それではCiaoCiao~

suzuki

通年利用可・全天候型ジャケット「X-TOURER D-DRY JACKET」

東京中野店のkomiyamaです。
少しずつ暖かくなり、来店されるお客様と花粉症の話をすることが多い今日この頃です。
花粉症の経験がない私には理解できるはずもないですが、突然発症するとのことなので密かにビクビクしております…

花粉症対策のウェアは残念ながらまだありませんが、まとまった休みにはついついロングを計画してしまうツーリング系ライダーの方へ、とても魅力的なウェアを紹介します。

X-TOURER D-DRY JACKET  商品ページ


X-TOURER D-DRY JACKET 79,380 円(税込)

外見だけを見ると、冬用の防寒・防水ジャケットです。
ただ、このジャケットの魅力は、季節や気温に対するフレキシブルな対応能力にあります。

3層構造による調整

このモデルには、2層のインナーが標準装備されています。
この2層のインナーは自由に脱着可能です。

1層目:アウタージャケット(通気性あり/防水機能なし)
2層目:防水・防風インナー
3層目:保温インナー


アウターを外すと中はこんな感じ。写真は2層目の防水・防風インナーです

 


2層目を外すと、3層目はこんな感じ。冬でも暖かい防寒インナー。

この3層の構造により、がさまざまな季節における気温の変化、天候の変化にも適応できるのです。

多数のベンチレーションにより暑さ対策も

ずいぶん暖かそうだけど、4月、5月と気温が上がってきたらどうするの?…という声が聞こえてきそうですが、もちろん春以降の気温の上昇にもばっちり対応できます。これは細かくも大胆なベンチレーションで、空気を取り込むことで実現しています。


胸部ベンチレーション


背中のベンチレーション。この面積はメッシュジャケットにも匹敵します。


腕周りにもベンチレーションが。可能な限り空気を取り込む工夫がされています。

このようにX-TOURER D-DRY JACKETは、季節や天候を問わないタフな構造が一番の売りです。
もちろん、一般的なナイロンの7倍の強度を誇るインビスタ社のCORDURA®ファブリック、スーパースポーツ系のウェアにも使用されているレザーに匹敵する強度を持つファブリック素材「D-Stone」が要所で使用され、安全性にも妥協はありません。

ご興味ございましたら、ぜひ東京中野店までお問い合わせください。人気の商品ですので、事前にご試着サイズなどをお伝えいただきますとスムーズです。